スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
世界宗教者平和会議(WCRP)
世界宗教者平和会議が この夏 京都で開催された。恥ずかしいことに、この会議について 私は知らなかった。

会議終了後、どんなことが話し合われたのか サイトを見てみた。その中で 平和慣れして甘い見通ししか持っていない日本人に 重い苦言と思える 記事を見つけた。

記者の目:発祥の地で開催、世界宗教者平和会議=丹野恒一(大阪学芸部)

(中略)
海外の宗教者が「今、そこにある対立、暴力」に向き合おうとしているのに対し、日本の多くの宗教者は過去の平和の誓いさえ忘れてしまったように感じたからだ。

大会前、日本のある関係者が私にこう耳打ちをした。「正直言って、議論への積極的な関与は難しい」。(中略)「命の危険と隣り合わせの国から来る宗教指導者が多い中で、平和に慣れきってしまった日本人が議論をリードするのは無理だ

(中略)

運営面、資金面で立正佼成会を中心とする新宗教教団が深く関与しているため、伝統教団が距離を置いている側面は否定できないし、WCRPだけが平和追求の場でもない。宗教をあくまで精神世界ととらえ、現実の政治と切り離せない和平交渉に宗教者がかかわることを敬遠する考えがあるのも事実だ。ただ、それが「行動しないこと」の言い訳に使われるのなら、私は言いたい。「その時々に人々の現実の『苦』に向き合ってこその宗教ではないのか」と。

ウィリアム・ベンドレイ・WCRP事務総長は「宗教は、暴力や憎悪を扇動する急進主義者、政治家、メディアにハイジャックされ、悪用されている。宗教が素晴らしいからこそ、逆に人々は混乱してしまう」と繰り返した。宗教が対立をあおっているのではなく、求心力が強すぎることによる“副作用”だとの指摘である。裏返せば、その求心力の強さが紛争解決の大きな力にもなり得るが、日本の大半の宗教には今、そのような求心力はない。

毎日新聞 2006年9月15日 東京朝刊

こちらのサイトも 詳しい記事が載っていたので ご紹介する。
【京都IPS=ディアドレ・メイ、8月26日】

フォーラム21の記事も ご紹介する。世界宗教者会議に出席できなかったから、ハッサン王子を招いたのね。なんだか 解りやすくて微笑ましい
forum21
ヨルダンのハッサン王子が創価大学を訪問し、創価大学名誉博士号を受けるとともに、記念講演を行った。今回のハッサン王子の来日は、8月26日から29日までの4日間、京都国際会館で開催された第8回世界宗教者平和会議(WCRP)世界大会に、WCRP国際委員会実務議長として出席することにあった。
  このWCRPとは、立正佼成会の庭野日敬開祖らの呼びかけによって始まったもので、第8回となる今回の世界大会には世界約100カ国の国と地域から800人を超える宗教指導者が参加した。8月26日に行われた開会式には、来賓として小泉首相をはじめハタミ・イラン前大統領、渡邉恵進天台座主などが列席。以後4日間にわたって全体会議や研究部会、地域会議などを行っている。

スポンサーサイト
【2006/09/29 22:35】 | 仏教 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<Google | ホーム | 創価学会体験記セレクション>>
コメント
freeさん お久しぶりです。
体験記、皆さんのコメントも含め やっと完読できました。
こちらへも(蓮の花、美しいですね)
おじゃまさせていただきたく思っております。
よろしくお願いいたします。
ところで 私は無宗教です(実家は浄土真宗)
宗教とは
自分の命が終わりに近づいてきたと認識せざるを得ない時に、
そばにそっと寄り添うようにいてくれればいい
くらいにしか思っていません。
でもそれは 上の記事のように 平和な日本で暮らしていればこその発想なのでしょうね。
できることからはじめたいと思います。
【2006/10/02 10:08】 URL | Rin #-[ 編集]
Rinさん こんばんは
お久しぶりです。

>体験記、皆さんのコメントも含め やっと完読できました。

ご無理されないよう。

>こちらへも(蓮の花、美しいですね)

東雲さんと言う方のデザインです。とても 美しいですね。freeはブルー系が好きですけれど このデザインは 素晴らしいと思います。

>宗教とは自分の命が終わりに近づいてきたと認識せざるを得ない時にそばにそっと寄り添うようにいてくれればいいくらいにしか思っていません。

そうですね、本当にそう思います。
臓器移植の問題が クローズアップされつつありますが、自分が生きるために 発展途上国の貧しい人たちや中国のような人権を無視し暴力によって得た臓器で 生き残るよりも 静かに死を見つめる方が どんなに心安らかでしょう。

そう言ったときに宗教とは 役に立つと思います。

自分が 追いつめられたときに 何を為すか? そこに 信仰の力が出るのです。そうした視点で かの団体を見たときに 教えは失敗ではないかと 思えるのですけれど。

Rinさんの 考えは 私に様々なことを 思い起こさせます。また お教え下さいね。
【2006/10/02 22:12】 URL | free #-[ 編集]
いえいえ、こちらこそfreeさんのおかげでいろいろな人生勉強ができています。
例えば、
かの団体 に入会されている方は皆、ご自分の意思でこの団体をチョイスしてしまったのだ とばかり思っていましたが、
2世3世の方のなかには、意思を持たずに入会させられてしまった方もいるのだなぁー、という不条理さとか・・・。
本当に勉強させていただいてます(^^)
【2006/10/02 23:06】 URL | Rin #-[ 編集]
こんにちは~

主催者側のブログがあったので
貼っていきます。
http://free.jinbunshakai.net/shimazono/index.php?itemid=45
島薗進、宗教学の人。

こちらのブログもリンクさせてもらいますね。
【2006/10/13 01:51】 URL | みれい #unfRF2B2[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://freezu.blog76.fc2.com/tb.php/4-92ef6cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。