スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
公明党の行方
さて実現は難しくなりましたが、自民・民主の大連立に政界が揺れていますね。

自民の民主への連立打診、公明に戸惑い広がる
 福田首相が2日、民主党の小沢代表に連立政権への参加を打診したことで、自民党と連立を組む公明党には戸惑いが広がった。

 公明党は2日夜、緊急役員会を開き、党の地方組織に首相と小沢氏との党首会談の経過を丁寧に説明していくことを確認した。浜四津敏子・代表代行は、記者団に「首相が言う『新しい体制』は大連立なのか、何らかの政策協議の場なのかも、はっきりしない。我々としては静かに見守るしかない」と語った。

 同党関係者によると、首相は午後2時半から太田代表との与党党首会談を行った際、連立政権への参加を小沢氏に打診する意向を示し、「自公関係は必ず維持する」と強調したという。

 しかし、党幹部からは「首相が一気に連立を進めようとするとは思わなかった」と驚きの声が上がった。別の幹部は「この週末、地元の支持者からどんな反応が出るか心配だ」と語った。

 民主党は連立参加を拒否したものの、公明党には警戒感が残った。党幹部の一人は「今後もどんなことが起きるか、予断を許さない」と強調した。

(2007年11月3日1時53分 読売新聞

公明も疑心暗鬼?・首相が民主に連立打診
 福田康夫首相による小沢一郎民主党代表への連立政権の呼び掛けは、与党内の結束に影を落としそうだ。民主党は直後に拒否を表明したものの、公明はかねて民主との連立には否定的な考えを首相に伝えてきた経緯があるためだ。「ねじれ国会」の状況下での政策実現に力点があるとはいえ、首相や自民党への疑心暗鬼が残る可能性もある

 「今聞いたばかりだ」。公明の北側一雄幹事長は2日夜、自民党の伊吹文明幹事長から党首会談で首相が小沢氏に連立参加を打診したとの説明を受け、記者団に吐き捨てるように語った。連立の条件などに関しては「伊吹氏もわからない。(首相と小沢氏が)2人で話をされた。意味について正確に申し上げようがない」と述べた。
nikkei.net(07:01)

公明党の存在意義は「自民党の暴走を止め キャスティングボードを握り続けること」と創価学会内部では宣伝されていた。先の選挙では自民党との選挙協力の不協和音も取りざたされており、解散総選挙に向けて公明党は民主党に寝返るのではないかと見られていた。

聖教新聞では共産党の選挙協力も創価学会原田会長より提案されている。

創価学会会長が聖教新聞で「自民党離れ」を示唆
我らは「人物本位」で政治家を評価――。公明党の支持母体、創価学会の機関紙「聖教新聞」 10月4日付に、こんな見出しの記事が掲載され、政界関係者の話題を呼んでいる。

記事は創価学会創立80周年に向けた座談会で、原田稔会長をはじめ正木正明理事長ら6人の 幹部が出席。福田内閣の発足について原田会長が「期待する声、厳しい注文の声等々、国民の反応はさまざまだ」と指摘。別の出席者が「我が創価学会は、あくまで『人物本位』だ」(正木氏)、
「我々は政治団体じゃない。どの政党、どの議員を支持しようが全く自由だ」(山本武副理事長)と強調。さらに正木氏は「特にさんざん応援をしてもらいながら大恩ある支持者を裏切る。 逆恨みする。悪党と結託して牙をむく。そういう恩知らずどもとは徹底的に戦おう」と、選挙協力をした自民党を批判したとも受け取れる発言をしている。

同記事には、激しく対立してきた共産党について、1974年に結んだ「創共協定」を引き合いに、 「池田大作名誉会長は、あれだけ学会を目の敵にしていた共産党とも協調した。どれほど幅が あるか。懐が深いか」などとも書かれている。

創価学会は将来、自民党が野党に転落し、民主党を中心とする反自民勢力結集の動きが出てくる ことを想定して、戦略を再構築し始めたのではとの憶測も出ている。


月刊「FACTA」 2007年11月号

共産党に擦り寄る姿勢を見せているが 共産党は

「公明党と創価学会
「政教一体」で「悪政戦犯」の役割


 日本共産党の不破哲三議長(当時)はこの問題を取り上げ、「創価学会・池田大作氏に問う―三十一年前の『猛省』は世をあざむく虚言だったのか」(〇一年七月二十二日)を発表。公明党の政権入りを前後した、公明党・創価学会の謀略的な選挙妨害と異常な反共主義の根底に、三十一年前の「猛省」をかなぐり捨て、自分を批判するものすべてを「仏敵」とし、手段を選ばず「撲滅」をはかるという「究極の独善主義」の復活があると指摘しました。

 同時に、「猛省」講演がうそだったことを自ら暴露したことは、創価学会・公明党およびこれと連合するものの陣営に新しい矛盾を噴き出す状況を生み出さざるを得ないと指摘。「このような異常で特殊な集団が政権に参加している問題については、それが社会的な批判と吟味にさらされる日が必ず来る」と批判しました。
赤旗

「利用価値が減ってリスクの大きくなってきた公明党」(by創価瓦解さん)は政界で確実にお荷物化しているのではないか? 創価学会=公明党は 「仏敵は徹底的に叩きまくれ」と指導され実行してきたことにより、敵を作りすぎたと実感している。
スポンサーサイト
【2007/11/04 10:56】 | 公明党・政治 | トラックバック(0) | コメント(8)
<<常勝関西の終焉 | ホーム | 創価学会に宗教法人優遇税制はいらない>>
コメント
福田・小沢の両党首会談がお流れになって
民主の小沢党首が辞任。

政局はますます波乱含みになってきた様相だ。

「東京新聞」に公明党が福田首相に「解散は
洞爺湖サミット以降にしてほしい、支援団体である創価学会員の疲労が激しい」と福田に打診
した。

年内解散となればただでさえ忙しい年末に
解散総選挙じゃ創価学会員でも体が持たないし
正直な話、勢力減少を余計加速する。

大連立になった日には公明党が余計埋没
するしで泣きっ面に蜂状態。

これからが見ものだ。
【2007/11/05 11:36】 URL | ササゴン #-[ 編集]
こんばんは
小沢さん留任ですね。ちょっと民主党の勢いにかげりが出てきました。

小沢さんって「そう じゃぁ辞めるか」ってなっちゃうのですよね。そこんとこ私とよく似ていて。。。。説明も下手だし、自分のこと弁護しないし マスコミも敵に回しちゃったりして。あちゃぁあって感じておりました。

新進党を解散する時の「勝利って言っちゃいかん」と元公明党議員(?)に「じゃぁ 止めるか」といった場面も何度も出てきましたね。

私は大連立には反対の立場でした。でも小沢さんでしか選挙は勝てないし 彼の後継者と言っても誰もいないなと感じておりました。
しかし、「創価学会員の疲労が激しいから 解散をもっと後に」って そんなこと新聞に書くくらいもう 創価学会=公明党の選挙活動は異常だって認知され その狂気を認めてしまう世間&マスコミもまた異常。

生活に支障がきたすくらい選挙運動したらいけないでしょうに。

私は 政権交代をやって公明党が与党から滑り落ちることを願います。
【2007/11/06 23:52】 URL | free #-[ 編集]
>私は大連立には反対の立場でした。でも小沢さんでしか選挙は勝てないし 彼の後継者と言っても誰もいないなと感じておりました。

↑ここがね、とても大事な見方なんだと思いますよ。
同じ学会批判でもね、内部アンチとかの方が陥りがちな意見に
振り回されると、こういうfreeさんのような見方が出来なくなっていくんだと思います。

あと、民主党の勢いについては、あまり心配要らないと思います。
そちらの立場から言うなら、むしろ怖いのは年内に与党が解散に打って出る場合であって、
年内に解散が無く、そのまま年が明けて次の通常国会を迎えれば、政局は民主党に有利です。

>しかし、「創価学会員の疲労が激しいから 解散をもっと後に」って そんなこと新聞に書くくらいもう

あはは、そんなこと新聞に書いてましたか。バカだなぁ。
学会員の尻を鞭で叩いてでも、自民党と一蓮托生で年内解散に打って出た方が、
今のまま与党に居たいなら公明党にとっても有益でしょうにね。

>創価学会=公明党の選挙活動は異常だって認知され その狂気を認めてしまう世間&マスコミもまた異常。
>
>生活に支障がきたすくらい選挙運動したらいけないでしょうに。

そこは全く同感です。
ただこれは、いつも安全保障問題が騒がれたり議論にはなっても、選挙への影響はほとんど無いことと、悲しいかな同じだと思います。
みんな自分の身に直接ふりかからなければ、創価学会の迷惑さは知らずに済む訳で、
それよりは生活に直結しそうな国内問題が、投票行動を一番左右するんですね…。

>私は 政権交代をやって公明党が与党から滑り落ちることを願います。

ずるずる引き延ばしてから解散総選挙やったら、滑り落ちる可能性は高くなると思います。
仮にギリギリで自民勝利、公明党がキャスティングボード握れそうな議席数になってもです。
何故ならその時こそ、公明党抜きの自民・民主連立という目が出てきますからね。
【2007/11/07 00:56】 URL | 春田の蛙 #-[ 編集]
大手新聞はある面創価の悪口を書けないし
揉み消しを図っているが、
「東京新聞」みたいな中規模クラスになると
ぽろっと創価の本音を書く。

共産党がやたらに候補を立て死票を生むから
都市部だけ候補を立て地方は比例でと
戦術を変えると自公は政権から滑り落ちるだの
「東京新聞」はあるめん本音を書く。

今の民主は小沢がいなくなったら烏合の衆に
なるので、あえて小沢さんを留任させた。

自民も民主と大連立を組めば
公明党を切り捨てるネタをもてたかもしれない
福田のしたたかさが目に浮かぶ。
【2007/11/07 14:20】 URL | ササゴン #-[ 編集]
なんだったんでしょうね?
安倍前総理の茶番に対抗するのも政権を目指す政党としての役割とでも思ったのだろうか・・・なあんて揶揄をしたくなるここ数日の民主党の動向です。

ナベツネが画策したとかしないとかという噂も不愉快です・・・余談ですが、ジャイアンツがなかなかリーグ優勝できないからということでCS(クライマックス・シリーズ)導入に賛成しておきながら、なんとジャイアンツがリーグ優勝してCSに負けた途端に「CSはおかしい」と平然と言い放つのがナベツネですから。

私は以前からガラガラポンがもう一度必要だと思っています。
そういう意味では自民も民主も今のままではなく、民主党の政権奪取に絡んで分裂・再編があるのがいいと思ってます。
しかしそれは大連立などというものを通じてではないはず・・・ましてや公明党をそのままにした連立など、とんでもないことです。

実のところ、民主党の代表として小沢一郎はどうかと思うけれど、今の時点では代表を変えるのはまずいと思います・・・私は民主党支持者ではなく、政界再々編論者であり、その視点からの意見です。

そしてfreeさんご指摘の「公明党が与党から滑り落ちること」が大切だと思います。
今回のドタバタでは、福田総理が「公明党など眼中になく小沢民主党が大事」ということを行動で示したのも大きな注目点です。
更には、共産党が得票率8%未満の選挙区への立候補見送りを発表したことも、かなりの打撃を与えていると思います。

いずれにしても「もはや国会で何が起きても蚊帳の外」というのが公明党の現状だということが今更ながら浮き彫りになったのは慶賀の至りであります^^
できますれば、ついでに池田大作に国会に来てもらって「いかに公明党・創価学会は素晴らしいか」の大演説を予算委員会で行ってほしいものです^^;
【2007/11/07 14:30】 URL | 創価瓦解 #-[ 編集]
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071106/plc0711062301007-n1.htm

 自民党でも「会談は危険なカケだ」「会談内容を説明すべきだ」などの不満はくすぶるが、民主党の混乱ぶりを見て「今は黙っている方が得策だ」(中堅)との意見が大勢だ。下手に騒げば、新テロ対策特別措置法案の審議に影響が出かねないとの懸念もある。

 大連立構想で、存在意義を問われかねない公明党が沈黙を守っているのも同じ理由からだ。

 6日昼に国会内で開かれた公明党の代議士会では自虐的なジョークも飛び出した。

 桝屋敬悟衆院議員「民主党はミシン目が入っちゃったね」
神崎武法前代表「小沢さんもあれだけ言ったらね…」
 桝屋氏「でも考えてみりゃ、われわれだってミシン目を入れられちゃったかもしれないよ」
 他の出席者からは失笑が漏れるだけだった。

 ただ、今後の民主党の動きが読めないだけに、与党幹部の不安のタネは尽きない。

 6日午後、自民党の二階俊博総務会長が国会の廊下で、公明党の漆原良夫国対委員長とばったり出くわした。「どうも、どうも」とにこやかに握手を交わしたが、別れ際に二階氏は漆原氏の肩をたたき、こうささやいた。

 「何も不穏当な動きはありませんから…」

【2007/11/07 19:15】 URL | free #-[ 編集]
上のmsnの記事を見ると 公明党には策がなさそうですね。なんとなく 政治家の古狸達に騙されもてあそばれている感じです。

あの方々は良く言えば純粋 悪く言えば 人間やウラ社会のことを全然解っていないからなぁ。

創価瓦解さん
共産党もせっかく民主党に選挙協力していたのに 怒っちゃったみたいです。
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/368700/

蛙さん
解散総選挙は年内はなくなりそうですね。民主党も今しばらくは選挙したくないでしょうし。

ササゴンさん
地方の新聞記事で面白いスクープが書いてあることがありますよね。
新潟の5時台全国区のニュースは創価学会がスポンサーでした。2つもCM見せられて気分が悪かったワン。
【2007/11/07 19:25】 URL | free #JalddpaA[ 編集]
学園祭名物創価サークルもいまや形無しの
状況ですな・・・

日本女子大も名前かくして出展、後に上げる
東工大は例のごとく存在していたが、
昭和女子大は去年までは創価サークルが
出展していたが今年は影形もない。

実際創価も力が落ちてるように見えてきます。
【2007/11/14 14:23】 URL | ササゴン #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://freezu.blog76.fc2.com/tb.php/35-cd9f7786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。