スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
創価学会に宗教法人優遇税制はいらない
週刊ダイヤモンド2004/8/07によると 創価学会の総資産は10兆円を越す。

また 申告所得でも他の宗教法人より群を抜いての1位である。
週刊ダイヤモンドP34

あ 週刊誌は嘘ばかりという創価な方々のために追記しておくと
「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社発行)04年8月7日号が特集した「創価学会の経済力」の記事を巡り、同会副会長である最高幹部の一人、宮川清彦が同社と週刊ダイヤモンド編集長を相手取り、謝罪広告と1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が、この3月10日、東京地裁民事第39部であり、藤下健裁判長は原告の請求をすべて棄却するという、「原告全面敗訴」の判決を言い渡した。
forum21


最近トラバしたblogで 「固定資産税を払っていない宗教施設で選挙活動は不当ではないか」とのやりとりがあった。元公明党議員福本氏は週刊現代0714号で以下のように述べている。

たしかに他党の侯補は、おカネを出して事務所を構え、事務員などを雇って選挙を戦っている。ところが公明党の議員は、学会会館をタダで利用し、ボランティアの学会員を動員して選挙に臨むのだから、両者のハンデには著しいものがあります
 この問題は紛糾し、ついには秋谷栄之助会長(当時・現最高指導会議議長)が'95年12月に参議院の宗教法人法特別委員会に参考人招致され、
「会館はもっぱら宗教行事に使っており、選挙活動はごく一部にすぎない」などと答弁して、からくも逃げ切った経緯があります。そのため新進党では、
「選挙活動での学会会館使用はまかりならん」 とのお達しがあり、厳守されていました。
 ところが'97年に新進党が解党し、公明党が復活すると、会館を使った選挙が徐々に復活してきました。そして、'99年に公明党が連立与党となってからは、政治活動の拠点として、会館がなかば公然と使われるようになっているのです。(中略)
 しかし、個人的な経験から申し上げても、学会の会館は“政教一致”の選挙活動の拠点そのものです。会館で国会議員が政策などを学会員に説明したり、選挙協力をお願いしたりしています。


日本大学教授北野弘久は『諸君!』H12.5)でこう述べている。

創価学会が1991年に日蓮正宗からその信徒団体を破門されたという事実がある以上、いまの創価学会を宗教団体として法的に根拠付けるものがない。(中略)
・厳密にいえば、独自の教義も、ご本尊も、教師も存在しない。
・創価学会が池田大作氏を中心とした政治権力の奪権闘争を「組織的に」行っている団体だ。より具体的には、集会を開いての選挙活動や票集めを専ら行っていることを指している。
・いわゆる「財務活動」といった形を含めて、各種の営利事業活動を営み、その収益を前記活動の資金としていることも含まれる。
・いやがらせが日々、さまざまな人の身に起きている。
・営利企業と同様の、ある意味では営利企業以上に「土地ころがし」を行って、周辺地価の高騰をもたらし人々の生活に大きなデメリットをもたらしている。
・温泉地などに一流ホテル並みの数多くの「研修所」等をつくっている。
・実質的には営利活動と異ならない活発な「宗教活動」を行っている。
・一部幹部が宗教法人の財産を私物化して利用している。
・実質的には半強制的な形で、巨額の「寄金」を当該宗教法人の会員等から収受している。

 これらの行為は断じて本来の宗教的活動ではない。誰の目からも明らかな、組織的な政治団体、営利団体としての活動だ、ということである。
 また、本来その宗教に接することで豊かな精神生活を営んでいるはずの信者に、歪んだ憎しみを抱かせ、時に人として許されない行為を行わせてしまう-。そんな宗教法人は絶対に「真実」の宗教団体としての要件を満たしているわけがない。
 であれば、登記簿上は宗教であっても、宗教団体の実態を持っていない組織に対して、税法上の特恵措置を適用するだけの合理的理由はない。
 創価学会は「形式的」にも「内容的」にも宗教団体の実態を備えていない。そのため各種の非課税規定などの適用を受けうるだけの根拠がない。このような組織に非課税規定などを適用することは、学問的に「適用違憲」を構成する(違憲には「法令違憲」と「適用違憲」との2つがあり、宗教団体の実態をもつ組織について一般的に非課税などにすることは違憲ではないが、そのような実態を持たない組織に非課税などの規定を適用することは、具体的に憲法14条、20条、89条等に違反する。このような違憲を「適用違憲」という)。

―機関紙『聖教新聞』―
 これは宗教法人の収益事業として法人税の申告が行われているようである。しかしその税率が非常に低い。法人税の基本税率は30パーセントなのが22パーセントとなっており、さらに新聞発行によってあげた収益を創価学会本体の公益事業のために寄付した場合ば寄附金控除が行われ、実質的には17.6パーセントにまで下がる。
 しかしこの軽減税率は、憲法20条で禁じている「特権」に該当し、厳密にいえば「かくれた補助金」、一種の「公金支出」にあたるのではないか、と私は考える。ただ、これは創価学会だけの問題ではなく、軽減税率制度自体が宗教法人一般について「法令違憲」である可能性が高い。つまり、他の宗教団体であっても、普通法人の株式会社なみに法人税の通常の税率で税を納めるのが適当なのではないか。現行法上では、この税率はそのまま法人住民税の税額に影響を与えるため、いわば二重の軽減措置になっている。

―株式会社「創価学会」への課税―
 宗教法人としての実態を備えていない団体には、株式会社なみの法人税・住民税、事業税を課せばいい。事業税については、石原新税と同様に外形標準課税方式を導入することも、理論的には十分検討する余地がある。法人税の問題は国税庁の問題であるが、住民税、事業税の問題は自治体の問題である。都知事としては、固定資産税の他に、住民税、事業税等についても検討する必要がある。(中略)

-アメリカの場合-
 アメリカの場合、登記簿上宗教法人であっても、例えば教会の牧師が日曜の礼拝時に「ブッシュさんを応援したらどうか」と言った場合、当該教会が「政治活動をした」と認定されかねず、すぐに内国歳入庁(日本における国税庁)などに報告が行く。そして、ことの真偽について徹底的に調査し、実態を判断していく。一市民として牧師個人がいろんなことをやるのはいいが、組織を挙げて選挙運動をやるとか政治献金をするとか、あるいは営利事業を行った場合には宗教団体の枠を超えたことになり税法上の保護を与えない、という制度が出来上がっている。
 公益団体、公益法人等の認定を受けたものであっても、営利事業によるものと認定された収益には普通法人と同じ税率で課税する。公益法人の製品も同じく市場原理に基づき流通する。福永法源の本であろうと池田大作の本であろうと、宗教学の学術書であろうと税率に変わりはない、という論理であって、こちらの方が実態に即した課税方式であるように思われる。立法論的には日本もそうすべきなのではないか。(略)



公明党の太田代表は、記者会見で、消費税率の引き上げをめぐる議論について、「歳出削減 の努力が不十分なまま消費税率を引き上げることは許されないというのが国民の声だ」と述べ、歳出削減の努力を優先すべきだという考えを示しました。 ニュー速 2ch
消費税あげるより、創価学会の宗教法人優遇税制を見直すべきだというのが国民の声だ。なんちゃって
スポンサーサイト
【2007/10/23 19:07】 | カルト | トラックバック(1) | コメント(4)
<<公明党の行方 | ホーム | 祭りだワッショイ>>
コメント
創価の人は、狂っていますね。
心が無いです。

創価の人は平気で人のいやがることをできるようです。宿毛の人にだまされました。御荘出身ですが。

でも、奴等には、それは”勝利”なので、相手のことなどどうでもいいのです。
行動原理が創価思想にあるのがよくわかりました。
心が汚いです。

祈っていれば願いが叶うそうです。だから題目を唱え、日蓮正宗を呪っていて、その結果、正宗の代表は苦しんでいるそうで、それが創価の力だとか、仏教はすごいと言っていました。
【2007/10/26 04:01】 URL | aki #-[ 編集]
「阪神淡路大震災に際して学会は開館を一般開放して提供したんですよ!」とバリ学会員から何度か聞かされたことがある。
そして、その都度「自慢することではない」と言うのです。

学会の会館が非課税になるには、法的な要件を満たしていないといけない。
その要件のひとつに「災害などに際して場所を一般に提供する」というのがあるのだ。

大震災で大量の被災者が出た時には、様々な善意の行動が話題になった。
その中に「ソープランドが風呂の無料提供をした」というのがあり、笑いながらも「いいことだ」と思った。
ソープランドは風俗産業であり、合法とはいっても所謂裏世界のような存在ではあるが、決して非常時に近隣住民に風呂を提供するのが当たり前というわけではない。
だから、こういうニュースは心温まるのだ^^

ところが「学会の会館を提供するのは法的にしなければならないこと」なのであり、それは「自慢することではない」のである。
したがって「学会は開巻を提供したんですよ!」と聞くと心が寒くなってしまう^^;

多くの学会員は開館の非課税条件など知らないだろう。
だから、いかに非課税をいいことに手前勝手なことをやっているかなどを知るはずもないし、知ったところでMCが解けない限りは実態を直視などできない。

宗教法人への税制優遇措置の見直しを本格的にやらないといけないし、消費税upの議論と共に無視できなくなってくるだろうと思う。
【2007/10/26 23:27】 URL | 創価瓦解 #-[ 編集]
【創価学会は阪神淡路大震災の被災者を援助するふりだけする鬼畜団体】

あの時は開放してる振りをして、近所の人たちを集めて集合写真を撮り、さも援助してるかのように聖教新聞に大々的に掲載。
すぐに被災者を締め出し知らん顔。

何故追い出したのか?との質問に、
「何時までも面倒を見ていたら本人のためにならないから」と、震災で焼け出された人々に向かって発言していました。

震災後一週間もたっていないときのことです。
これが真相です。
【2009/02/21 00:44】 URL | 香典泥棒池田犬作 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/07/05 21:43】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://freezu.blog76.fc2.com/tb.php/34-35b1e371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2007/10/23 22:34】
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。