スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
祭りだワッショイ
瓦解の足跡でも触れているが、昨日の国会中継が2ちゃんでお祭りになっている。すべてのログを追っている訳ではないのだが【政治】 「公明党=創価学会。政府を支配している!」「池田大作氏、公明議員から献金…国会に来て頂きたい」 民主・石井氏が追及★10 今現在10スレまで伸びている模様。
石井一氏の身の安全を気遣うコメントや、「民主これをやり遂げたら支持する」など石井氏と民主党に好意的なレスが続く。

勝谷誠彦さんもTBSラジオ コラムの花道で吠えている。
亀田父の手紙内容が アニメ「侍ジャイアンツ」で番場番に川上監督が書いた手紙と瓜二つであることを暴露した後、番組後半この質疑応答に触れてくる。この情報を拾ったのも2ちゃんねるだそうだ。「君たちは偉いよ。」と。

冬柴氏は「P献金は知らないがしたことはない」、パーソナリティーは「P献金が何か知らないのにしたことがないとは論理的に矛盾しているよ」、勝谷氏は「語るに落ちた」と切り捨てていた。

朝日新聞はこの部分だけぬけおちており、日経、時事、中日新聞などマイナーな新聞社は詳細に記事になっていたが、大手新聞社・テレビ局は報道がなかった模様。毎日新聞は聖教新聞を刷っている負い目があるのか「ちゃんと書けよ~」と勝谷氏はきつい口調で言っていた。

月刊ペン事件以来、創価学会=公明党の本質をつく事件だ、そうだ。(笑)

天下の悪役、小沢さんがこのままで引き下がる訳はない。福本元公明党議員を証人喚問で呼んで、次は池田大作氏よ~って揺さぶりをかけている。(あぁ 小沢さんの策略家ぶりに 萌え~。やっぱすごいぜ、小沢さん。ま、小沢さんは創価学会・公明党と新進党で協力していて弱いところを存分に知り尽くしているからね~。)

大手マスコミへの不信感はチャネラーも繰り返し書いている。麻生閣下もチャネラーだそうだが、彼らが世相をリードする時代もすぐそこに来ているようだ。

何故、ここまで祭りになるのか? それは今まで創価学会が鶴のタブーで 押さえつけていたマスコミ・情報に、真実を知っているチャネラー達が「タブーを排斥し自由に享受する権利」を求めて爆発させているのだろう。今まで創価学会は自分たちのしたことを「無かったこと」として創価学会の歴史から削除し、メディアにも報道することを 札束で頬を叩くように押さえつけていた。そんなことは もう効果が無くなってきている。


私もコラムの花道のURLは 2ちゃんねるで拾いました。ありがとうございました。m(__)m
スポンサーサイト
【2007/10/17 21:12】 | 公明党・政治 | トラックバック(1) | コメント(5)
<<創価学会に宗教法人優遇税制はいらない | ホーム | 創価学会って嫌われている>>
コメント
石井一議員の質問を生で見ていた私って、少しばかり自慢できるのかなあ^^;

池田大作の証人喚問ってのは公明党を揺さぶる絶好のカードですから、総選挙を睨んでこれからもチクリチクリとやることを期待しています^^

自民党内にも「アンチ学会だけど今は連立してるから控えてる」という議員が少なからずいる。
そして総選挙後を睨んだら政界再編なんてこともありえるのであり、そうなると利用価値が減ってリスクが大きくなってきた公明党に気を使うのはやめようと思う人も出てくるかもしれない。

まずは福本潤一元公明党参議院議員の参考人招致を実現させたいが、政局がらみでどうなるかはわからない。
しかし今後も公明党・創価学会の問題を突っついていけば、、総選挙の時に公明党・創価学会への不信感と監視が強まることにはなるだろうと思う。

当面の目標は「公明党を政権与党から引きずり降ろす」ことと「池田大作の証人喚問の実現」である。
がんばろう!
【2007/10/18 00:03】 URL | 創価瓦解 #-[ 編集]
創価瓦解さん
今日のMSNトップニュースで http://sankei.jp.msn.com/world/america/071017/amr0710172011019-n1.htm

(一部引用)ワシントンの創価学会施設建設が波紋呼ぶ
2007.10.17 20:11

このニュースのトピックス:米国
 【ワシントン=古森義久】創価学会の米国支部に相当する「創価学会インタナショナルUSA」(SGIUSA)が、ワシントン中心部に建設中の「仏教文化センター」に対し地元住民から激しい反対運動が起き、首都の都市計画を扱う「地域区分調整委員会」に持ち込まれ、16日、公聴会が開かれた。住民側は同センターが同地域での建設が認められる「礼拝の場」ではない、と抗議した。(一部引用終わり)

が出ています。MSNのトップニュースですよ! 時代は確実に変わりつつありますね。
がんばろう!
【2007/10/18 05:56】 URL | free #JalddpaA[ 編集]
中々こちらにレスに来られなくてすみません。m(__)m
みきさんや新参者さんにも、お返事したいと思っているのですが…。(汗)

ところで小沢一郎さんについてですが、政局については以下のブログの解説が、私たち素人にも分かり易くまとまっていてお勧めです。
彼が、単純に「壊し屋」とか、ネットの一部(2ch軍事板の民主党スレなど)で言われるような「テロリストの味方」ではないことが分かります。


小沢一郎はなにがしたいのか。(前編)
http://plaza.rakuten.co.jp/kingofartscentre/diary/200710080000/
小沢一郎はなにがしたいのか。(後編)
http://plaza.rakuten.co.jp/kingofartscentre/diary/200710080001/


彼の今国会での戦略についてのまとめを、上記のエントリから以下に抜き書きしてみますが、


>…(引用・前略)まずは、インターネットの新聞記事で
>簡単にわかることを
>整理してみたいと思う。
>
>この臨時国会での
>小沢民主党の戦略は
>次の4つにまとめられるね。
>
>(1)「国政調査権」を行使して、
>税金の無駄使いを中心に
>政策課題ごとに
>自民党政治の問題点を
>徹底的に明らかにしていく。
>
>(2)参院選でのマニフェストで提示した
>公約の数々を法案化し、
>参院に提出し可決させる。
>そして、衆院で政府・与党に
>民主党案への賛成を求める。
>
>(3)政府・与党との
>裏での政策協議には一切応じない。
>論戦は国会の委員会・本会議で行う。
>
>(2)(3)の行動の正当性は
>
>「参院選で示された民意が
>直近の民意である」
>
>ことを根拠とする。そして、
>
>(4)民主党案が衆院で否決されることが続き、
>国会が機能不全に陥ったなら、
>政府・与党を衆院解散総選挙に追い込む。
>
>うん。。。
>
>まあ、大体こんなとこかと(引用・後略)


つまるところ、↑の(1)「国政調査権」による与党への追及が、いま話題になっているこの公明党の問題と言えます。
小沢民主党によるこうした大きな戦略の中の、攻撃材料のひとつなのでしょう。
【2007/10/18 12:18】 URL | 春田の蛙 #YrGnQh/o[ 編集]
【続き】
ですから、より大きな攻撃材料が出てきて全体の焦点がそちらに移るということは、与野党間の論戦の中であるかもしれません。

しかし、この問題がいつの間にか妥協され、気が付いたら民主党と公明党の間で
なぁなぁで話し合いがついているといった事態になる可能性は低いんじゃないかなと、私は考えています。

上記のブログの管理人さんは、以下のようなコメントをされていますが、

>すでに国会論戦初日にして、自民党は苦しいですね。この国会は、国民が「今まで疑いなく信じていたこと、あれはなんだったの。。。」って、次々と思い知らされる国会となるでしょう。(2007年10月11日 01時12分23秒)

>楽しみですね。民主党の国政調査権攻撃。なにが出てくるでしょうね?(苦笑)(2007年10月13日 00時15分21秒)

これは、↑こちらの管理人さんの予想された事態の、始まりのひとつだと思います。
↑のブログの政局の分析は、他にも色々と面白く引き込まれる内容ですよ。(^^

私たちアンチは、公明党や創価問題を中心に政局を見すぎて返って一喜一憂に陥ったり、
根拠に欠ける学会擁護の言説(アンチを装ったものも含む)に不安にさせられたりしがちです。
ですから、こうした政局全体の観点や分析から、その流れのひとつとして政治の問題を理解することが大切だと思います。

――以上のように考えていますので、私は一部で言われているような「公明党に将来の連立を持ち掛けるための揺さぶりでは?」
という風には、現段階では心配していません。学会員は、そう思いたいでしょうけど。(笑)
この問題の今後の追及が、非常に楽しみです。
【2007/10/18 12:20】 URL | 春田の蛙 #YrGnQh/o[ 編集]
春田の蛙さん ご紹介のblog記事、まだすべては読めておりませんが、すごく解りやすいですね。小沢さんの政策も納得いく内容です。

>より大きな攻撃材料
防衛庁問題がいま クローズアップされそうですね。今日は小池氏が朝 著書の紹介と共にワイドショーに出ていらっしゃいました。彼女の仰っていることはブレが無く、古河利明氏からはhttp://toshiaki.exblog.jp/で「色んな政党を渡り歩くコウモリ女」と言われていましたが、私は今のところ悪いイメージは持っておりません。

>公明党や創価問題を中心に…
いや、全くその通りです。実は早いところ出口 or 終着点が見えないかな~って思っています。^^

>公明党に将来の連立を
「叩きに叩いたら向こうからすりよってきた」と野中氏の言葉をhttp://freezu.blog76.fc2.com/blog-entry-31.html 記事の最後に引用しましたが、その可能性はあると思います。

ただ、ネットでは反創価学会ムードが盛り上がっていますので、連立を組む方がデメリットが高そうです。
瓦解さんの「利用価値が無くなって、リスクが大きくなった」という言葉に同意しています。

【2007/10/19 22:01】 URL | free #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://freezu.blog76.fc2.com/tb.php/33-a0d23cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
くたばれ創価学会
 日本政界のゴミ、という日本国そのもののゴミと言えば、創価のイヌ、○作のイヌ、理念も信条も無く、ただただ大○の意志に従い、日本国を壊す為だけに活動する、本来なら破防法を適用すべき団体、公明党なる邪教集団な訳 或る浪人の手記【2007/10/20 18:34】
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。