スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
 母から教えてもらった、「人の噂をしたらいけないよ」と。 中学の頃 金銭トラブルにあった。父は遠くへ働きに行った。母と姉と貸家に移り 支え合いながら 暮らした。借金の催促 夜中に電話が鳴り続け 電話に毛布を巻き付けて寝たことがある。黒電話で 今のようにモジュラージャックを抜くと言うことも出来なかった。 それまでは、良い暮らしをしていたから、人の噂 人の目が母も 痛かったのだろうな。精神的にまいっているところに、容赦なく 入ってくる人の無邪気な悪意。

その頃の母の年に 私も なっている。

インターネットの世界でも 仲良くなると メールや電話で 噂が入ってくる。私は それは 外に出さなかった。精査できないからだ。確証など取れないからだ。

自分が混乱している時、他人に偏見を持っている時、何かを熱望している時 「噂」に飛びついてしまうことがある。時間をおいて 精査しないと確認しないと「噂」に惑わされてしまう。踊らされてしまう。

「噂」で他人に勝手に色付けし 流布し 名誉を汚す事も、疎外する事も出来る。

創価学会という 組織の中で「根も葉もない噂を巻かれて 困った経験」を持つ人は少なくないと思う。「同志を全く疑わない」「同志の言うことを鵜呑みにする」「幹部の言うことが絶対」等の 思考パターンが出来ているからだ。どんなに 被害者が 「間違っている」と叫んでも 組織内では「事実」として拡がっていく。噂の対象者は もう「仲間」ではないのだろう「仏敵」だから 許される行為なのだろう。「人が変わった、気が違った 魔に侵された」良く聞く台詞。本人達は悪いこととは欠片も思っていない 気付いていない。

その人の為だと 善だと思っている 善を為す自分に酔いしれる。
「人の為」とは「人為」である、「いつわり」とよむ。(ひまわりも言っていたなぁ)

社会では「噂」を外に出す時は 責任がついて回る。「噂」が 間違っていたら「信用に関わる」。

いつも、「自分は間違っているかも知れない」「人を傷つけるかもしれない」そう 思える人は 失敗も少ないだろう。 確信犯の悪意なら まだ良い ボロを出すから。

本人が意識しない悪意程 厄介なモノはない。当人に罪の意識が無い 自覚が無い。だから何の前触れもなく届き 使われる文にも悪意が漂わない。 そうした文は伝言ゲームのように 踊る人惑う人の間を通り抜け しだいに怪物に育ってしまう。

ps: 実際の被害のコメントを書いて下さった Sさん コメント非公開にしてすみません。ちょうど 私の被害とシンクロしていたので、今は 載せられませんでした。こりずにまた ご訪問くださいね。
スポンサーサイト
【2007/03/01 20:59】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(9)
<<温家宝首相・池田大作名誉会長と会談 | ホーム | 住み分け①>>
コメント
こんばんはー

昨日(正確に言うと一昨日)、NHKで中学生までの対象の番組の
リクエスト再放送をしていました。

テーマは「陰口」です。

言われている方の気持ちが、身に浸みました。
又、陰口を言うとスッキリするから言う、仲間がいると再確認できるから言う、との中学生の意見に
正直、ゾッとするものを覚えました。

この子達の親の顔が見たかったです。

傍観者であることも容易い、でも、自分の痛みと他人の痛みを分かち合うような親の躾や

自らを振り返る事の大切さを、心に刻みたいですよね。


【2007/03/04 02:37】 URL | ゆっち #-[ 編集]
>傍観者であることも容易い、でも、自分の痛みと他人の痛みを分かち合うような親の躾

こんばんは ゆっちさん
そう、傍観者で、自分は安全なところに いたいですよね。ですが、実際に被害を受けた人の 言葉は どこにも 届かない 現実。

そういった現実を すこしでも 解っていただきたいと思いますよね。
【2007/03/05 23:25】 URL | free #-[ 編集]
噂について

 今日 ゆっちさんのblogにkousanが コメントされていました。
http://got-heart.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_aaaa.html

 実は、昨年末 私は数名の方から ゆっちさんがkousanさんに「blogを荒らす」と「日常のことをばらす」等、嫌がらせ電話や脅迫をして kousanさんは日常生活にも支障を来しているというメールを頂いていました。
 実は私は かなり 参ってしまいました。

kousanさんが ゆっちさんのblogに はったり特急資料室の開設を お知らせして、協力を依頼されていますね。

ゆっちさん 本当に良かったですね。自分のことのように嬉しいです。^^
ゆっちさん このコメントに 不都合がありましたら 削除しますのでお知らせ下さい。
【2007/03/11 14:42】 URL | free #-[ 編集]
こんにちはfreeさん!

いやあアハハハ
誰がそんな大嘘メールを、貴女に出していたんでしょうかね~。
機会があったら|゚Д゚)))コソーリ!!!!
おしえておしえて~!(爆w

さてさて
kousanが私のとこにきたのは、私が脅迫したのでもなく、勿論、強制もしてません♪
ホントですよ、だって昨日一緒に遊んだもん♪

だから削除しなくっていいですよ(笑)。

今後、その類いのメールが来たら、冗談じゃなく私に教えて下さい。
しばらくは私が、kousanに関する全ての窓口になります。それくらいの決意なければ、2ちゃんねるにも「はったり公開のお知らせ」なんて出しません。

ではではよろしく~(・∀・)ノ


【2007/03/11 16:50】 URL | ゆっち #-[ 編集]
 freeさん おつかれさまです^^
こちらでは久々にコメントします(今年初めてだぁ とほほで orz)

>「噂」
噂とは、全くのデマや 不確定数値の高から低までの与太話であり 事実を元にしていても、それを主観と云う視点で味付けされた 加工品(尾ひれ付き)と言えるかな。
高度な心理戦(ドミノ理論では噂・流言飛語は非常に大切なツールだし)などでは、本人自ら噂を流すという手もありだけど 通常の身近同士なら大体が他人の悪口だったり、人を貶めるものだったり(優越感か)、人の不幸は笑いの種だったりと 意識・無意識に悪意を隠し、また気付かずに伝播させるものか。

>「人の噂をしたらいけないよ」
噂の元ネタにさせられ、有る事無い事知らないうちに流され 知らないうちに笑われたり 辱められたり、、、身勝手な者から自尊心を貶められた人には座右となるでしょうね。
(程度が低いけど、夜のネオンに入り浸ってた頃よく流されたなぁ ドロドロの噂だから これも怖い^^;)

噂を撒く人 踊る人 遊ばれる人、、、
当事者(撒かれて不利益を被る人)じゃないから、無責任な事 甚だしい。
楽しければ桶みたいに また暇つぶしに と(快楽指数け)。
好きや嫌いの感情による主観は入るし、それが侮蔑する決めての主要因にまでなったり と、人の不完全さが如実に出たりする。
惑う人も加えたそれらの人々は対処法を 取り扱いを知らないから戸惑い、いずれ呼応・感化・感応される。
納豆や寒天に飛びつき、血がドロドロだぁーと叫ぶ事になる。^^;
ついでにオカルトに嵌まる人もそうか^^ 創価でも他宗教でも不確かな想像・妄想に過ぎない 世界論に身を委ね無ければ困る状態にまでなる。
信仰心での世界観なのだから、信仰を辞めた時点で認知も捨てられれば良いのですが、一度構築した認識世界は 否定している理性・悟性をしばらく凌駕する。
インプリントされた二世三世さんは気の毒に思いますが orz

噂や真偽不確かな話などは、検証不能として後に活用する判断材料として横に蓄積しておけば良い 捨てずにでも無関心に。
いずれ真実・不実の可能性が高くなれば、欠片も揃い全体像が見えるようになる。そこに論理的整合性が強まれば考察すればよろしい と私は思っています。

人は不完全だから、誤謬も可謬も起こす可能性を常に持つ。
軽挙妄動して動く事は出来るだけ避けねばなりませんが、判っていてもその落とし穴に嵌まるのが人間。
ならば常に間違いを犯す危険性を持つ者がヒトだと認識し、同じく常に自分を疑う心得を持つ が、良い方法だと私も思います。
自分は嘘つきではないのか? 悪党ではないのか? と。
その為には立ち止まり 後ろのワダチや足跡を通して、来た道を 確かめなきゃならないですね。自ら間違っていた事を認められれば、間違った場所へ戻れば良い。
キップは反省でどうでしょう そうすれば取るべき行為も判ると思う。
ヒトは誤まるモノ、、 
ではそれに気付けば真摯さで過ちに変え、過失にする事も出来ると思う。

今年に入って界隈が 凍り付いているように見える。 
少数(?)のブログではあるけど、記事が止まったり、更新ペースが落ちてたり、また個性豊かで多様なコメントも減少している。
息を潜めてるのか 界隈から去ったのか.....

ここもそうした空気がある。
だがブログ主さんには キャリアと深い交流の実績がある。
まだ書こうかどうしようか迷う常連さんも居る事と思う。
どうかそう云う人達に コメントを残せる状態にしていて欲しいと思う。
私は今まで発言を遠慮していた人達の意見や感想を読んでみたいと思う。、
各自各々、自分の持つテリトリーでしばらく頑張りませんか?
【2007/03/11 17:30】 URL | あーあ #-[ 編集]
あーあさん

噂についてのコメント 全面的に賛同します。

>自ら間違っていた事を認められれば、間違った場所へ戻れば良い。

そう思います。認めない人も多いですね。(お前が言うなってか?)

>今年に入って界隈が 凍り付いているように見える。
>ここもそうした空気がある。

blog更新をされていない方も、書き続けることで 訴え続けることで、打開できればいいのですけれど。私の場合は ちょっと 考えがまとまらないというか。。 更新が滞っていますね。

ゆっちさん
もう、私には そんなメール来ないでしょう。^^

【2007/03/11 17:46】 URL | free #-[ 編集]
昨夜からインフルエンザにかかった息子に構えずコメント溜め書きしている私でございます。

学会問題でネットで人と話し合えることが楽しいと思っていた。
だけども昨年の騒動で感じたことがある。

いくらネットと言えども、
現実社会と同じようにルールが必要で、どこの誰(どこに住んでいるとか身元のことではない)で、どんな考えを持っている方なのかを把握することは必要なんだと感じました。

車の運転も、慣れた頃に事故に遭うというけれど、同じだな~と私は思いました。

2ちゃんねるっていうと、言葉が乱暴で過激にとってしまうけれども、趣旨と違う発言や荒らしが来ると一言でバッサリ斬ってますね。
以前は、ソフトにいう方がいいのに・・・と思っていましたが今現在は、2ちゃんねるでの荒らし禁止な!とか共感v-237
【2007/03/13 21:45】 URL | りょう #-[ 編集]
freeさん、「正義」なんて、隠れみのにして、情報を送る側のエゴを感じてしまうメールはこまりものですね。

「耳寄りな情報ですよ」と送られる側の都合も考えないのは、これも困ります。

困るから誰かに相談すると、それは困ると言われるのも困りもの。。

最初に、よく考えて発信するマナー・基本ではありますが、そこがないのが困りもの。。

形を変えた迷惑メールにすぎませんね。。いくら「誠意」という着ぐるみをまとおうが、迷惑は迷惑。。

私も、心して発信してゆきます。。では。。
【2007/03/19 12:13】 URL | できたよ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/04/02 12:48】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://freezu.blog76.fc2.com/tb.php/26-6dc2da38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。