スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
公明市議の口利き
昨年のニュースで恐縮だが、こんなマイナーなニュースもある。神戸新聞GJ

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000301131.shtml (←こちらはもう削除されている)
【公明党市議が保育士の異動を働きかけたりするなど、神戸市議らの口利き増加】
(引用)昨年の神戸市議汚職事件を踏まえ、一月に施行された公職者らの口利きを記録するコンプライアンス(法令順守)条例で、二月に記録された公職者の要望が計百四十六件に上ることが十三日、神戸新聞社の情報公開請求で分かった。
一月分(百二十三件)と同様、市は「不当要求に当たるケースはない」としている。

 市によると、公職者の記録のほぼ九割は市議で、他は県議や国会議員秘書など。

 道路補修や街路樹の刈り込みなどの要望が目立つ一方、 公明市議は特定の保育士を「友人」として、本人の希望を交えながら「今春異動できないか」と働きかけた。
市側は「異動は全市の状況をみながら行う」と説明したという。

 自民市議は、自身の選挙区外にある市営住宅跡地を早期に売却するよう求めた。
対応した職員は「公募する時期が確定すれば連絡する」と回答した、と記録されている。

 要望が不当であるかの判断を、弁護士らでつくる審査会に求めることができるが、
市は「直ちに審査会に諮る案件は見受けられない」としている。 (神戸新聞 2007/04/13)  (引用終わり)
 

さて なぜ こんな事が公明党には起こりやすいかというと池田名誉会長の指導があるからだ。
「すごい時代に入りましたね。そのうち大臣も何人か出るでしょう。みなさんの部下だからね そのつもりで」
http://jp.youtube.com/watch?v=YR4_NemlnQ0&feature=related

生活保護の口利きもあの大分教職試験への口利きも しっかりとした証拠は出ていないが、もしかするとと 思ってしまう。

今日も今日とてこんなニュースが飛び込んできた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080903-OYT1T00948.htm?from=main1

(引用))新銀行東京(東京都新宿区)からの融資を巡り、公明党の現職都議と元都議が2005~06年、都内の中小企業から献金を受けた後に融資の口利きをしたり、口利きした中小企業から相談役として報酬を受け取ったりしていたことが、読売新聞の調べでわかった。

 元都議の報酬総額は100万円を超える。両社は融資を受けた後に、事実上、経営が破たんしている。ブローカーの介在が判明した新銀行の融資で、政治家と企業との不透明な関係も新たに浮かび上がった。
(引用終わり)

Kyon^2が表紙の週刊朝日 9/12号でも
公明党口利き案件P150 に600件を超える「口利き」の3件に1件は公明党関係者からだった。太田代表やあの元都議の名も…の記事がある。もちろん手元にあるが応援する意味でココまでに留めておこう。^^

 
スポンサーサイト
【2008/09/04 19:19】 | 公明党・政治 | トラックバック(0) | コメント(0)
公明党・創価学会基礎知識2008
インターネットで話題になっている 公明党・創価学会基礎知識2008 がたった一日で消えた件。

まだキャッシュで見ることができる。もちろん私はコピペをとった。^^

「All About」の「公明党・創価学会基礎知識2008」記事が掲載後わずか1日で謎の消滅
(引用)
2008年8月31日に「All About」上にて掲載開始された「公明党・創価学会基礎知識2008 - [よくわかる政治]All About」という非常に良くできた記事が9月1日になって突如として消滅したことがわかりました。

一体何が起きたのでしょうか?システム的な問題なのか、あるいは記事自体に何か問題があったのか、何かタブーに触れてしまったのか、とにかく何も釈然としませんし、現時点ではAll Aboutから何のアナウンスもありません。
(引用終わり)

All Aboutからのアナウンス
J-castニュース

(引用)サイトを運営するオールアバウトの広報部では、いったん記事を取りやめた理由について、「不適切な記事の可能性がありますので、一時的に掲載を見合わせました」と説明する。記事のどの部分かについては、「全体の流れが不適切とみて内容を確認しているところです」と話した。

ただ、公明党・創価学会への配慮については、全面否定した。また、抗議などについても、「現時点で当社への問い合わせは一切ありません」としている。記事をどうするかは、「掲載しないこともありますし、修正ならそれを明記して掲載します」という。
(引用終わり)

いやぁ こんな手もあったのですね。いかにも「創価学会が全然関与していません。」と言いつつ、この記事を書いた人は記者を卒業するし、なんとも創価学会=公明党のきな臭さを浮き彫りにしてくれて、All About GJ。まさに、この選挙戦を前にしたこの大事な時期に、本当にまったくもう 良い仕事してますね。(笑) いえ きっと All Aboutは 勝手に創価学会=公明党に考慮して削除したのでしょうけれど(棒読み)

【2008/09/03 21:11】 | カルト | トラックバック(0) | コメント(0)
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。