スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
チベット暴動に胸痛む

亡命政府「80人の遺体確認」 チベット暴動
中国チベット自治区ラサでの大規模暴動で、インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の亡命政府は16日、ラサ市内で80人の遺体が確認されたと記者団に明らかにした。負傷者は72人という。 (共同)

中国政府に断固抗議して、北京オリンピック開催反対!です。
日本も選手団を派遣すべきではないのでは?
中国餃子問題もありますし、環境汚染も深刻です。

関連記事
愛国心を認めない公明党
親中派 創価学会
チベット

昨年4月 池田大作名誉会長は中国の温家宝首相の強い要請で 会談を行っている。
「ありがとうございます。庶民の王者であるわたしと会って下さって。」とは池田大作氏の言葉。
関連記事 温家宝首相 池田大作名誉会長と会談

またまた 庶民?の心を逆なでするニュースが飛び込んできた。
胡錦濤主席、池田大作氏と会談へ 産経ニュース

5月の来日が予定される中国の胡錦濤国家主席が、来日時に創価学会の池田大作名誉会長と会談する方向となっていることが19日、分かった。中国側が「胡主席が日本で会いたい民間人3人のうちの1人」として池田氏を指名したという。胡氏は主席就任前の昭和60年と平成10年にも都内で池田氏と会っており、会談は今回で3回目となる。

中国は昭和47年の国交正常化の地ならしを行った池田氏について「井戸を掘った功労者」と評価している。


いつの間にか 国交正常化の地ならしを行ったのは池田氏になってしまっている。
実は 国交正常化に尽力したのは 田中元総理と竹入元公明党委員長である。公明党は日中国交正常化に最初は乗り気でなかったのは竹入氏の朝日新聞回顧録で明らかにされている。

この朝日新聞回顧録で 池田大作氏の大阪事件や公明党と創価学会の癒着などが暴露された。その為、創価学会から竹入氏は仏敵とされて、聖教新聞ではご家族まで罵倒された。そして「党費を流用して夫人の指輪を買った」と公明党から裁判を起こされていたが 3月18日東京地裁から請求が棄却された。

公明党:東京地裁が請求棄却…竹入元委員長提訴で
党の資金を私的に流用したとして、公明党が竹入義勝元委員長に550万円の賠償を求めた訴訟で、 東京地裁は18日、請求を棄却した。白石哲裁判長は「私的流用の十分な立証がない」と述べた。  毎日新聞 2008年3月18日 19時58分

創価学会では中国を非難する声明は いまだ出ていない。

スポンサーサイト
【2008/03/16 21:57】 | お知らせ | トラックバック(1) | コメント(5)
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。