スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
創価学会放棄宣言
創価学会放棄宣言

1.私の一生において創価学会の教義は無用である。

2.私の一生において創価学会員との友情は結べない

3.私の一生において創価学会員との恋愛・結婚はできない。

4.創価学会員は私と私の大切な人を幸せにはできない。

5.私は政治における創価学会と公明党の関係を認めない。

6.私は創価学会と創価学会員とのことで苦しむことを放棄する。
すなわち、学会員のことばに耳を傾けることはしない。


以上のことを宣言する。


創価学会に関わると 心に溢れるほどの毒を持ちます。苦しくて苦しくて たまりません。誰かに聞いて欲しくて 思いを認めて 共感して欲しくなります。
 それが 許される場所だったら 掲示板やblogで吐き出して構わないのです。むしろ 積極的に 吐き出す方が良いでしょう。そうして 吐き出し終わったら もう創価学会は放棄しましょう。自分の大切な時間が 創価学会に浸食されるなんて もったいないです。政治・行政には目を光らせることは もちろん滞らずに。

 創価学会と全く関わらない 光溢れる時間を たくさん持ちましょう。
ため息が出るほど 平和で 極上の時間を作りましょう。

 私の体験記は 創価学会の現実とは だんだんと隔たっていくでしょう。今 実際に経験している人が ドンドンとご自分の体験記を発信して下さることを望みます。
その際は 個人情報はメールでのやりとりでも一切書かない、創価学会ネット上で、その延長としての深い人間関係は作らない、気持ちの整理がついたら 創価問題とは距離を置くことをお薦めします。まずは ご自分の幸せ、家族の幸福を何より大事にして下さい。

freeの創価学会体験記は終了致します。(嘆き・質問・被害を訴えたい方はメール【free-zu@mail.goo.ne.jp】か 管理人宛メッセージへメールアドレスをつけて書き込んで下さい。創価学会への賞賛や理解を求めるものや 特定の個人を中傷する内容には お返事出来ません。)

創価問題に関わって 大変苦しかったですけれど、たくさんの方々と交流し 価値あるものを頂きました。これ程まで傷つき 苦悩し 考え 努力した経験は今までありません。
ありがとうございました。

創価学会放棄宣言は 創価問題に苦しんでいる方々へと 引き継がれていくでしょう。
 真剣に創価組織を憂い 何とかしようと考え 命を込めた言葉を 自分を捨てて ネット上で紡いでいらっしゃる方々を いつまでも 応援します

最後に 私信として
私に 変わりない愛情と友情・信頼を注いで下さった皆様へ そうして身を挺して護って下さった方々へ 竹内まりあさんの詩を捧げます。

みんなひとり

あなたが あなた方が 居て下さったことだけで 私は幸せです。
たまには 私を頼って下さって良いのですよ。

おもいやりのこころさんの最後の画像 私も参加できずに残念でした。私もまた りょうさんの反対側でもそっと手を添えたいですね。そうして できたよさん 木天蓼さん あれあれさん プルートさん その他たくさんのみなさんが きっと手を想像の中で添えていることでしょうね。

コメント欄をほっぽってしまって申し訳ありません。メールも何件かお返事が滞っております。もう少し 時間を下さい。
スポンサーサイト
【2007/06/04 22:30】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(14)
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。