スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
住み分け①
演歌の女王 って日テレでやっているが 長男が嵌って よく見る。大河内ひまわり(天海祐希)さんが 日本一不幸な演歌歌手で やることなすこと 上手くいかない。持ち歌「女の分かれ道」に ちなんで いつも 人生の分かれ道がでてくるが 悪い方へ不幸な方へ そっち行ったら駄目でしょうの方へ 進んでいく。

 今までは 妄想の中で 自分を踏みつけ傷つける人たちにキレていたのだが、ここ2回ほど 実際にキレて暴れている。ああ 自分だ。(天海祐希様には スタイルもルックスもオーラもとうてい 足元にも及びませんが、比べてるだけでも失礼ですね orz)

信仰、組織を信じられないままに創価に関わっていると 傷つく。両親が パートナーが 友人が 過去の自分も うかれ 不幸な方へ悪い方へ行くのを 見せつけられる。醒めている自分が 悪いのか? 一緒に夢を見られない自分が悪いのか?

夢破れ 傷つき もがき やっと呪縛から解放された人たちも多いだろう。まだ 心の中には なまなましい傷を持っているだろう、そこを抑えながら さすりながら 生きている。そんなところに、「創価学会もいい人はいるよ」「きちんと信仰している人を見なさい」なんて やられると キレる。血が噴き出す、毒が溢れる。それは分かっているのだ、それが出来ない自分を責めてしまう。自分が悪いように、心が狭いように、罪悪感を煽られる。自分の領域でやっている分には まだ良い。ただ 他のサイトにまで進出して 「正義を」言われると「何じゃこら~」になるだろう。

分からないのだろうか? 分かりたくもないのか?

たっぷりの時間も 傷ついたことを訴える場所も 黙って聞いてくれる人も 必要なのだ。もちろん信者さんにも、だが 「脱会者 あるいは 創価学会の欺瞞に気づいた人」の為のサイトは あまりにも少ない。そこに 「正義・正論」を持ち込まないで欲しい。ケアが必要と感じる人には 自分が信用しているケアサイトに 誘導するくらいの心配りをして欲しい。「住み分け」とは そう言ったことだ。
スポンサーサイト
【2007/02/26 22:20】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(16)
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。