スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
クソアンチでいいじゃないか
 昔 創価学会をみんなで考えようという、掲示板があった。けっこう 罵詈雑言もあっても それ程荒れず 数々の論客を排出した 伝説の掲示板だ。

いつしか アンチは「品行方正」でなくてはならない 雰囲気が出来た。それは、アンチが 下劣な言葉を使って 人格攻撃すると 掲示板が荒れるし、バリ活動盲信信者の異常性を 浮き彫りにするための 暗黙の了解のようになってしまった。

しかし、私たちは あまりにも それに捕らわれてしまった。
ネットの世界では 論争の果てに 敗退者がネットを去るのは当たり前のことだったし、そこへ「かわいそう」なんて 感情は湧かなかった。

もう 良いじゃないか? そんなに「いい人」でなくても。
だって これ程までに アンチのみんなが それに捕らわれて それを逸脱する一部の者を 孤立させている。おかしいよ。だって ネット界の元々の論理は もっとクールのはずだ。

創価学会体験記 新参者さんのコメントより

私はネット上で悪態をつくアンチの方に対していわゆる‘常識’を盾にして非難するのは可愛そうではないかと思っているだけなのです。

創価学会の嫌がらせによって精神に支障をきたしてしまう人や自殺をしてしまう人が大勢います。それほど創価学会の信者の行動は卑劣です。あの卑劣な嫌がらせに日々あえば被害者のほうがおかしくなっていくのは当然だと思うのです。

それを冷静に‘常識’によって非難してしまったらそれこそ創価学会の思う壺です。被害者の方はどこでそのやり切れなさを晴らせばいいのでしょう?私たちはそういう人たちの味方のはずです。そしてそういう人たちを非難してしまったらアンチを社会の中で阻害状態に追い込もうとする信者たちの思う壺なのです。

スポンサーサイト
【2007/01/21 19:44】 | 体験記 | トラックバック(0)
純アンチ宣言
皆様 お久しぶりです。

ずいぶんお休みしてしまいましたが、カウント数はそれ程変わらず、創価問題に悩まれる方が 依然 多いと実感しています。

この年末 様々なことがありました。それについて 一区切りついたので 以前から問題と思っていた、ネット界についてことを 少し考えていきたいと思っています。

最近、創価問題に悩んだ人ややっとの思いで脱会した人への思いを すくいとるための 反創価blogなどに、「人間博愛」とでも申す ぬるい空気を頻繁に持ち込む輩が大勢出没し、どうも純アンチの皆様も 嫌な気持ちがされていたと思います。

私も このぬるーい おこちゃま馴れ合い空気を払拭したくて 色々と考えていたのですが、思わぬ落とし穴に落ちてしまいました。
誹謗中傷・噂 など 「自分たちの正義」のためには様々な思惑が動く、魑魅魍魎が沢山いる世界です。

その中で われこそは と思われる方は 協力をお願い致します。
ログ最初の方は 伏ハンドル名・比喩が多いので 一連の事件を知らない方は 難しいと思われます。

 ネットのコミュニティについて話し合うスレ
問題ある団体について、その問題を扱うスタンスや、情報の検証、相談や悩みを抱えて訪れたはずのネットで、返って悩みを深くされたり、我慢や飲み込む事を強いられて、ストレスを増してしまう問題について、ありのままを見つめ、本音で考えていきましょう。(春田の蛙)


【2007/01/19 14:38】 | お知らせ | トラックバック(0)
QueenBeeさん
メールをさせて頂いたのですが一応 こちらでも
返信します。

QueenBeeさん こんばんは

頂いたコメントにメールアドレスがあったようですので、
そちらにメールしております。

高校生の頃から家を出られたのですか?
お母様が創価学会員だったと、それまでご存じなく
突然のことで 驚き 憤りを感じられたご様子ですね。

私は何度も 創価学会の人に騙されて 嫌な目に遭っています。
創価問題に関わるからには それは仕方のないことでしょう。
かの方々は 一見 善人なのですが やはり おかしく
周りの方には全く理解されないので 何重にも苦しみます。

QueenBeeさんが 創価学会を受け入れられないことは 自然です。
お母様とのことは 今は答えが見つからないと思いますが、
お互い 年を重ねていくと 接点が見つかるかも知れません。
見つからなくても QueenBeeさんが 温かな家庭を作ることで
QueenBeeさんの自身の幸せな人生を 謳歌できると感じます。
そこに 創価学会が入る隙はありません。

 創価学会脱会体験記
 創価学会放棄宣言
 カルト問題啓蒙サイト希望の風

など もしも 自分以外の誰かの意見を見たい時など
ご覧になって下さい。

アルバイトをしながら 大学に通うなど とても大変だと感じております。
お身体に気をつけて。

私が出来ることでしたら 何なりとお申し付け下さいね。一人で 悩まないよう。 free
【2007/01/11 17:50】 | 仏教 | トラックバック(0) | コメント(0)
謹賀新年
昨年中は ひとかたならぬお世話になりました。

創価問題は 一筋縄ではいきません。
私の経験がお役にたてば これ程の幸いはありません。
また コメント欄でも創価問題を語って下さる方は 本当に有り難い戦友と思っております。

今年も宜しくお願い致します。
【2007/01/01 00:23】 | お知らせ | トラックバック(0)
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。