スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
村上春樹著 アンダーグラウンド
 この本はオウム真理教による地下鉄サリン事件の被害者達へのインタービューで構成されている。

p34運転手役の新寛はサリンの入ったポリ袋を包むための新聞を手に入れた。「聖教新聞」と「赤旗」である。……林は二つのうち「赤旗」の方を選んだ。宿敵である創価学会の「聖教新聞」を使ったのでは、あまりにも見え見えで逆効果だからだ。

p416 吉秋満さん「ただオウムの人たちに責任というものが通じるのでしょうか。被害者の気持ちが理解できるのでしょうか。
 でもたとえ少しでもいいから、自分たちの犯した罪を自覚して欲しい。私はそれをせつに願っています。私はやはり彼らに責任は取ってもらいたい。そしてその後に更正をするのなら、更正してもらいたい。「死ね」とかそういうことを言っているんじゃありません。ただ自分のことは自分の力で建て直さなければなりません。私はそう思います。これが基本です。」


この吉秋さんの考え方は私たち創価被害者も同じ気持ちではないだろうか?

57人ものインタビューを読んで、「もし僕がそこにいなかったら、別の人がかわりに袋を拾い上げてますよ。やっぱり仕事というものの責任はまっとうしなくちゃいけない。知らん顔はできないでしょう」と西村住夫地下鉄職員の言葉に、仕事に対する責任感、善良さをひしひしと感じた。日本人のおとなしさ 危機感の無さも同時に感じたが、「まさか、この日本に毒ガスがまかれるなんて」と私も現場にいたら信じることが出来なかっただろう。
 目の痛み 頭痛 吐き気 体力の低下 疲れやすい 物忘れなど毒ガスを吸ったことによる肉体的苦痛の他に 人混みに出られない、電車に乗れない 鬱と心の病も発症している。

最後に「目じるしのない悪夢」---◇私たちはどこにむかおうとしているのだろう?
と村上春樹氏が文を書いておられる。

p692 つまりオウム真理教という「ものごと」を純粋な他人事として、理解しがたい奇警なものとして対岸から双眼鏡で眺めるだけでは、私たちは何処にも行けないんじゃないかということだ。たとえそう考えることがいささかの不快さを伴うとしても、自分というシステム内に、あるいは自分を含むシステム内に、ある程度含まれているかもしれないものとして、その「ものごと」を検証していくことが大事なのではあるまいか。

私はよく、「あんな異常なものにつきあえるなんてあなたもおかしい」と部外者からは言われ 創価学会員からは「退会したら良いではないか、ほっといてくれ」と言われる。
騙されて入会させられ、私には何の落ち度もなかったのに噂をまかれ「あの人とはつきあうな」と隔離され、外の人間からも「創価学会に入っていた人?」という目で見られる。世間知らずで人を疑わなかったと言うことが私たち退会者に落ち度があると言えば最大の落ち度だろう。 

 私はこんな異常なシステムが何故存在できるのだろうか? 何が間違っているのだろうと検証せずにはいられなかった。また迷い込み困っている人たちには「こうすれば逃げ場があるよ」と伝えずにはいられなかった。

 今創価学会を調べている為にこれを読んでいるあなた、生半可な気持ちで創価学会に近づかないほうがよいと断言する。

p697 「システム(高度管理社会)は、適合しない人間は苦痛を感じるように改造する。システムに適合しないことは『病気』であり、適合させることは『治療』になる。こうして個人は、自律的に目標を達成できるパワープロセスを破壊され、システムが押しつける他律的パワープロセスに組み込まれた。自律的パワープロセスを求めることは、『病気』とみなされるのだ」(アメリカ連続小包爆弾犯人ユナボナーが『ニューヨーク・タイムズ』に掲載した論文より)

 これは創価学会というシステムの中でがっちりと育てられた人は私たちのように創価システムに適合出来ない人間こそ『病気』であり仏から見捨てられた可哀想な退転者となる。しかしまず私たちは社会ルールと法の中で暮らしている。その枠組みを「仏のため」と簡単に逸脱する人たちは私たちにとっては 恐ろしいカルト教団にしかうつらないし、社会的に抹殺されてしかるべき団体となる。

p699 オウム真理教に帰依した人々の多くは、麻原が授与する「自律的パワープロセス」を獲得するために、自我という貴重な個人資産を麻原彰晃という「精神銀行」の貸金庫に鍵ごと預けてしまっているように見える。忠実な信者たちは進んで自由を捨て、財産を捨て、家族を捨て、世俗的価値判断基準(常識)を捨てる。まともな市民なら 「何を馬鹿なことを」とあきれるだろう。でも逆に、それは彼らにとってある意味ではきわめて心地の良いことなのだ。何故なら一度誰かに預けてしまえば、そのあとは自分でいちいち苦労して考えて、自我をコントロールする必要がないからだ。

p700 アメリカの作家ラッセル・バンクスは小説『大陸漂流』の中でこのように述べている。

「自我より大きな力を持ったもの、たとえば歴史、あるいは神、無意識といったものに身よ委ねるとき、人はいともたやすく目の前の出来事の脈絡を失ってしまう。人生が物語としての流れを失ってしまうのだ。」(黒原敏行訳)

(中略)
 ところがあなたは今、誰か別の人間に自我を譲り渡してしまっている。あなたはそこで、いったいどうすればいいのだろう?
 あなたはその場合、他者から、自我を譲渡したその誰かから、新しい物語を受領することになる。実体を譲り渡したのだから、その代償として、影を与えられる
(中略)
 麻原彰光にはそのようなジャンクとしての物語を、人々に(まさにそれを求める人々に)気前よく、そして説得力を持って与えることができた。…それは粗暴で滑稽な物語であった。
(中略)
それがオウム真理教=「あちら側」の差し出す物語だ。… 実際の話、私たちの多くは麻原の差し出す荒唐無稽なジャンクの物語をあざ笑ったものだ。そのような物語を作り出した麻原をあざ笑い、そのような物語に惹かれていく信者たちをあざ笑った。(中略)

 しかしそれに対して、「こちら側」の私たちはいったいどんな有効な物語を持ち出すことができるだろう?


 創価学会に嵌っている人たちに「一刻も早くそこから離れるべきだ」と私は言ってきた。たとえ、創価学会という権力の中でぬくぬくと守られ育てられた人が、一度創価学会はおかしい、こんな行動を取っている自分もまた狂っていると気がつき離れたとしても、社会的にも孤立し精神的に追いつめられ地獄の苦しみを経験すると解っていてもだ。物語は全てを捨てきって自分で苦労して作り上げるものだ。

 これから創価学会は衰退の一途をたどるだろう。
池田大作氏に与えられた「物語」を否定された創価学会員達はどのような行為に及ぶのであろうか?

一緒に狂えないものたちは一刻も早く脱出すべきであろうと 警告する。

最後に村上春樹氏がオウム真理教の選挙活動を見かけて、名状しがたい嫌悪感と理解を超えた不気味さをもって通り過ぎた体験に触れたとき、私も村上春樹氏と同じ「こちら側」の人間だと安堵した。創価学会員も同じものをみて不快を示すだろうがそこには邪教と切り捨て創価に対する選民思考があり、一般人のように居心地の悪い罪悪感を感じないだろう。
スポンサーサイト
【2009/06/11 16:26】 | カルト | トラックバック(0) | コメント(0)
創価学会への調査は困難


塩谷立文部科学相は19日午前の参院予算委員会で、公明党の支持母体である創価学会に対し「今まで調査は行っていない」と述べるとともに、信教の自由に配慮する観点などから調査は困難との認識を示した。民主党の一川保夫氏が「宗教法人としての適格性にあっているか、調査するのは監督官庁として大きな責任」と創価学会への調査を求めたのに答えた。

 一川氏は「公明党とそれを支える宗教団体は日本の政治をおかしくしている」と批判。「公明党の議員が当選した場合、党に(金を)上納するという話もあった」と指摘した。

 これに関し、公明党の斉藤鉄夫環境相は「選挙費用の自己負担分だ。党本部に納入された自己負担分は党の収支報告書に計上されている」と答弁した。


共同通信 2009.03.19

最近 世襲議員の「スタートラインが全く違う 公平ではない」という声が大きくなっているが、それ以上に問題なのが 公明党=創価学会の選挙スタイルだ。
信者は組織が「先生のご恩に報いるために選挙を勝ち抜こう」と指示すると、疑問を持つことは許されず言いなりなのだ。そして選挙違反をも恐れない選挙活動を展開する。

それはもちろん、正しくない行為だ。
以下の記事でも 創価学会=公明党が国民の、政治ことなど全く考えず ただただ集票のために選挙時期を左右していることが明白である。

公明党一転「春解散」封じへ 「敵失」後も支持率低迷で
支持母体の創価学会は5月の連休ごろから支持者を東京に集結させ、友人知人に支援を依頼する。総選挙と都議選の活動の山場が重なれば、勢力が分散しかねない。都議選で自民候補と戦いつつ、総選挙で選挙協力するのも困難で、「4月末解散・5月24日総選挙」が許されるギリギリのラインだ。  

朝日新聞 2009.03.17

しかし、嘘で固められた創価学会も そろそろメッキが剥がれて現実が覆い被さろうとしている。
大きな傷を受けずに逃げ出すには今が最後のチャンスだろう。
 
【2009/03/19 19:36】 | カルト | トラックバック(0) | コメント(3)
壁と卵
村上春樹氏のイスラエル最高の文学賞・エルサレム賞での講演をお聞きして感銘を受けた。
わざわざ栄誉ある授賞の場で、あえてあの発言をする行為に出た村上春樹氏に惜しみない賞賛と尊敬をおくる。

 中国新聞より
一、イスラエルの(パレスチナ自治区)ガザ攻撃では多くの非武装市民を含む1000人以上が命を落とした。受賞に来ることで、圧倒的な軍事力を使う政策を支持する印象を与えかねないと思ったが、欠席して何も言わないより話すことを選んだ。

 一、わたしが小説を書くとき常に心に留めているのは、高くて固い壁と、それにぶつかって壊れる卵のことだ。どちらが正しいか歴史が決めるにしても、わたしは常に卵の側に立つ。壁の側に立つ小説家に何の価値があるだろうか。

 一、高い壁とは戦車だったりロケット弾、白リン弾だったりする。卵は非武装の民間人で、押しつぶされ、撃たれる。

 一、さらに深い意味がある。わたしたち一人一人は卵であり、壊れやすい殻に入った独自の精神を持ち、壁に直面している。壁の名前は、制度である。制度はわたしたちを守るはずのものだが、時に自己増殖してわたしたちを殺し、わたしたちに他者を冷酷かつ効果的、組織的に殺させる。

 一、壁はあまりに高く、強大に見えてわたしたちは希望を失いがちだ。しかし、わたしたち一人一人は、制度にはない、生きた精神を持っている。制度がわたしたちを利用し、増殖するのを許してはならない。制度がわたしたちをつくったのでなく、わたしたちが制度をつくったのだ。
 (引用終わり)


創価学会は民衆の正義ために立ち上がったはずだった。
今 公明党という私兵を作り与党へ入り政治への影響力も多大である。
さて、民衆は置き去りにされていないだろうか?

公明党が強力に推進していた定額給付金(定額減税)は国民の8割が反対している。
給付金や減税で消費をあげようという発想は間違っていないと思う。
ただ、その手続きや制度導入のための費用825億円、手続きの2転3転 地方への丸投げ問題は山積みだ。さらに昨年末に給付されたのだったら良かったのだが、救済目的だったら制度が実施されるのが遅すぎる。

また以前の地域振興券の悪夢からどうも国民に公明党へのアレルギー反応が顕著に出ている気がする。国民の8割が公明党にNOであるとは言わないが、その多くがもう公明党=創価学会の欺瞞に気がついている。

創価学会 そして創価学会員は卵ではない。壁側の人間だ。
私が考える卵とは 辞めたくても辞められない2世3世、心ならずも創価学会員と結婚してしまった婦人部、またうっかり創価学会員と関わってしまい酷い中傷や嫌がらせを受けている外部の人間だ。
私も 私こそ 何の力もないちっぽけな卵だ。今にも割られ壊されるかも知れないとビクビクしている。

でも、それでも言葉にしなくてはならない。
創価学会を経験して、被害者の苦痛が放置され見捨てられ無視されている現状、それを危険でも言葉にしなくてはならないと思う。それが人間としての誇りだ。

私たち普通の国民が政治にNOを言えるのは選挙だけだ。
そして創価学会に強烈なNOを突きつけることが出来るのは退会届だけだと思う。
内部で創価学会を変えることは不可能だ。トップが変わろうと大幅な変革は無理だろう。
変革しても世間からの信頼を得られるのは最低でも50年はかかるだろう。

私は壁側に立つ人を信頼しないし軽蔑するだろう。壁の崩壊も進んでいる。

free後記)2009.11.03
コメント欄でご指摘を受けていました「そして創価学会員は卵ではない」の記述について
文藝春秋20094月号に村上春樹氏の「僕はなぜエルサレムに行ったのか」インタビューが載っていました。
p166「システム」という言葉にはいろんな要素があります。
我々がパレスチナの問題を考えるとき、そこのあるいちばんの問題点は、原理主義と原理主義が正面から向き合っていることです。シオニズムとイスラム原理主義の対立です。そしてその強烈な二つのモーメントに挟まれて、一般の市民達が、巻き添えを食って傷つき、死んでいくわけです。
 人は原理主義に取り込まれると、魂の柔らかい部分を失っていきます。そして自分の力で感じ取り、考えることを放棄してしまう。原理原則の命じるままに動くようになる。そのほうが楽だからです。迷うこともないし、傷つくこともなくなる。彼らは魂をシステムに委譲してしまうわけです。
 オウム真理教事件がその典型です。僕は地下鉄サリン事件の被害者にインタビューして『アンダーグラウンド』を出した後、信者たちからも話を聞いて『約束された場所で』にまとめました。その後も東京地裁、高裁に通って裁判を傍聴しました。実行犯達はもちろん加害者であるわけだけれど、それにもかかわらず、僕は心の底では彼らもまた卵であり、原理主義の犠牲者だろうと感じます。僕が怒りを感じるのは、個人よりはあくまでシステムに対してです。

という一文がありました。ですから村上春樹氏の文を引いて「そして創価学会員は卵ではない」としたのは私の間違いです。しかし私は村上氏ほど寛容ではないからシステムに魂を売ってしまった人たちは卵とは言えないと考えています。
ご指摘下さった基本的に木曜日のみカキコ可さんに感謝致します。
【2009/02/18 10:06】 | カルト | トラックバック(0) | コメント(23)
池田大作氏顕彰の裏側
創価学会の方々は「週刊誌はデマばかり」とおっしゃいます。しかし鶴のタブーに果敢に挑んでいるのは一部のマスコミと週刊誌だけです。以下にあげる記事は、現在裁判審議中になっているものもあるやもしれません。それにつきましては私の方で確認出来たものはその旨表示致しますが、このblogを見ていらっしゃる方々もソースを添えてご指摘下さい。1995年にフランス議会が満場一致で受理したセクト(カルト)調査委員会報告書の10の基準に「多くの裁判沙汰」があげられていることを追記しておきます。

平成9年9月8日 産経新聞
斜断機 ”世界史上まれな”勲章の王様
 月間誌「潮」をはじめ創価学会の一般向け出版物はいろいろあるが、そのひとつ「創価学会ニュース」を見ていつも驚くのは、その大半が一個人の宣伝に当てられていることだ。八月号を例にとれば「世界的彫刻家と語らい」「モンゴル国立大学の名誉哲学博士に」「世界百都市が顕彰」「中国蒙古文学学会の名誉顧問に」などなどの目次のもとに扱われいるには、「上、御一人」池田SGI(創価学会インターナショナル)会長のみ。例えばこんな調子だ。
 「池田SGI会長に対する世界最高学府からの「名誉博士」「名誉教授」の顕彰は、これまで四十五を数える。決定通知があったものを含めると五十を越え、全世界の歴史上、極めて、まれである。五十もの大学からの「英知の宝冠」。。。それは何より雄弁に、世界が認めたSGI会長の業績の普遍性(ユニバーサリティー)を物語っている」「「世界市民」としてグローバルな平和行動を展開する池田SGI会長には、これまで海外 一〇七都市から顕彰が行われいる。最高賓客/特別顕彰/名誉市民/勲章/市の鍵など、その栄誉は多彩。そのうち名誉市民に相当する称号は、七〇余都市から贈られてい
る」まことにおめでたいことと申し上げたいところだが、この礼讃記事を文面通り受けとる者は、忠実なる信者以外にあまりいないことを、そろそろ編集者は理解したほうがよかろうと思う。
 第一に、掃いて捨てるほど与えられた名誉博士/名誉教授は「英知の宝冠」などではなく、信者の汗の結晶である莫大な「寄付金の宝冠」である。第二に、教授や博士の称号をかくも有り難がるということは、池田会長個人に学歴不足、学問不足の抜き難い劣等感があると見透かされること。第三には、勲章や顕彰の多さをこれほどまでに喜ぶということは、名誉欲の旺盛な俗物性を宣伝するようなものであって、仏教指導者としての深い自覚に欠けることの証明でしかないこと。日本は大転換期。この大教団もいよいよリストラの時を迎えたようだ。     (治)


日本で池田大作氏に名誉市民称号を贈っているのは唯一、富士宮市だが当の富士宮市民からは、「名誉市民条例」を廃止し、池田に対する名誉市民称号も取り消すべきという声も上がっていたといいます。

FORUM21 (02/08/01)

池田氏に名誉市民称号を贈っている静岡県富士宮市が、池田氏に名誉市民称号を贈ったのも、公園整備など数億円の寄付の見返りだった。
もっとも余談ながら、創価学会ならびに池田氏が日蓮正宗・大石寺に破門された後には、富士宮市民の間からは、富士宮市の恥だから名誉市民条例は廃止して、池田氏に対する名誉市民称号も取り消せとの声が起こっている。


FORUM21 (02/08/01)
池田大作氏「称号・賞獲り」のカラクリ
勲章の権化"と化した池田センセイ

随分とむかしになるが、富士宮市から名誉市民号が贈られている。加えて近年、市町村など全国の地方自治体から立て続けに、平和貢献賞類の賞が贈られた。国より先に、市長や町長が池田氏の功績を認め始めたかと思われたのである。
 だが、その地方自治体にしても心もとない。聖教新聞が一面で、連日のように報じていた地方自治体からの授与ニュースが、ぴたりとストップしてしまったのだ。流行病でもないのに、どうしてこうなってしまうのか。

注)FORUM21を主催していらっしゃる乙骨氏は創価学会の裁判で何度か負けていらっしゃいますが 勝ってる裁判もご紹介しておきます。
「フォーラム・乙骨」が創価学会に勝訴 本誌編集部
朝木明代市議怪死事件報道で創価学会に全面勝訴(FORUM21)

大阪府寝屋川市議会
大阪市大阪府寝屋川市「池田大作-感謝状問題」
5月3日以外の日に感謝状を贈呈させていただいたことはございますが、今般の民主音楽協会の創立者に感謝状を贈呈するにあたりましても、贈呈日時、贈呈場所等につきまして贈る側と贈られる側との話し合いによって決めさせていただいたところでございます。


また 池田大作氏の名誉教授称号について元公明党議員福本潤一氏は 週刊現代 2007年7月7日号より
「あなたの力で、池田先生に東京大学名誉教授の称号を取れないものか」‘05年末、私は創価学会の地域幹部からこう依頼されました。私が東大出身だから持ちかけたのでしょうが、そんなこと土台ムリに決まっています。東大の場合、教鞭をとった実績がなければ、名誉教授にはなれないのですから。

私の信仰の中心は日蓮仏法であり、池田大作名誉会長個人を崇拝しているわけ
ではありません。古くからの創価学会信者も、私と同じはずです。そうした信心からは、「先生に名誉教授を」と言い出す学会幹部の意図がまったく理解できませんでした。


週刊現代2006 11/11号では
 しかも、池田氏の勲章受章と多額の寄付金を関係づけるエピソードは多い。
 昨年8月、韓国SBS放送が創価学会の特集番組を放送。その中で池田氏に名誉教授の称号を贈った忠清大学のチョン・ジュンテク総長が、学会から図書資金などの名目で5億ウォン(約6200万円)以上の援助を受けたと証言したのだ。(放送後、創価学会サイドはテレビ局に猛抗議、SBSは「訂正放送」を余儀なくされた)。
 また、池田氏は'83年に国連平和賞を受賞しているが、創価学会は'73年から'82年までに国連広報局の史料編纂協力や難民救助募金などの名目で3億3300万円を寄付している。
 池田氏がもらった国家勲章について、各国大使館に問い合わせたところ、次のような回答を得た。
 「モンゴルと創価学会は数年前から交流を始め、大統領が来日したときに創価大学を訪ねて講演し、創価大学もモンゴルからの留学生を受け入れている。また創価学会系の民主音楽協会がモンゴル伝統音楽を日本に紹介してくれたほか、モンゴルの雪害のとき創価学会が援助してくれました。このような活動を評価し勲章を贈りました」(モンゴル大使館広報担当者)
 「勲章を授賞したのは事実だが多忙なので勲章の内容については聖教新聞などを参照してほしい」(ベネゼエラ・ボリバル共和国大使館広報担当)
 一方、こんな証言もある。
スペインの国立大学、マドリード・コンプルテンセ大学の関係者はこう話す。
「うちの大学は'80年代に創価学会から3000冊の図書を寄贈されました。その際、創価学会側から池田氏に『学術称号を授与できないか』と打診がありました。もちろんお断りしました。」


週刊新潮 2005年10月6日号 P54-58
創価学会は、これまで池田氏が世界各国から学位や表彰状を受けていることを盛んに喧伝し、その数は学位だけでも180にのぼるものという。
 番組では、韓国の大学からも16の名誉博士や名誉教授、そして感謝状が贈られたことを明らかにしているが、その一つ、済州島にある済州大学のチョ・ムンブ前総長は番組で、
 「大学では世界文化に貢献した人に名誉博士号を与えるのは当たり前のことなのです」
 と語っている。ところが番組は、池田氏に名誉教授を贈った忠清大学のチョン・ジョンテク学長から、こんな証言を引き出したのだ。
 「私は(創価大学から)名誉博士号を受けたし、わが校を助けてくれたんだ。図書資金を5000(万ウォン=約500万円)出してくれて、発展基金に2億出して、また文化祭で3億出してくれて、だから……」
 忠清大学から池田氏に名誉教授の称号が贈られたのは、韓国経済がどん底にあった98年のことだそうだ。この学校にとって5億5000万ウォンという援助がいかに有り難かったか、想像に難くない。

【2008/11/01 20:11】 | カルト | トラックバック(0) | コメント(4)
公明党・創価学会基礎知識2008
インターネットで話題になっている 公明党・創価学会基礎知識2008 がたった一日で消えた件。

まだキャッシュで見ることができる。もちろん私はコピペをとった。^^

「All About」の「公明党・創価学会基礎知識2008」記事が掲載後わずか1日で謎の消滅
(引用)
2008年8月31日に「All About」上にて掲載開始された「公明党・創価学会基礎知識2008 - [よくわかる政治]All About」という非常に良くできた記事が9月1日になって突如として消滅したことがわかりました。

一体何が起きたのでしょうか?システム的な問題なのか、あるいは記事自体に何か問題があったのか、何かタブーに触れてしまったのか、とにかく何も釈然としませんし、現時点ではAll Aboutから何のアナウンスもありません。
(引用終わり)

All Aboutからのアナウンス
J-castニュース

(引用)サイトを運営するオールアバウトの広報部では、いったん記事を取りやめた理由について、「不適切な記事の可能性がありますので、一時的に掲載を見合わせました」と説明する。記事のどの部分かについては、「全体の流れが不適切とみて内容を確認しているところです」と話した。

ただ、公明党・創価学会への配慮については、全面否定した。また、抗議などについても、「現時点で当社への問い合わせは一切ありません」としている。記事をどうするかは、「掲載しないこともありますし、修正ならそれを明記して掲載します」という。
(引用終わり)

いやぁ こんな手もあったのですね。いかにも「創価学会が全然関与していません。」と言いつつ、この記事を書いた人は記者を卒業するし、なんとも創価学会=公明党のきな臭さを浮き彫りにしてくれて、All About GJ。まさに、この選挙戦を前にしたこの大事な時期に、本当にまったくもう 良い仕事してますね。(笑) いえ きっと All Aboutは 勝手に創価学会=公明党に考慮して削除したのでしょうけれど(棒読み)

【2008/09/03 21:11】 | カルト | トラックバック(0) | コメント(0)
創価学会体験記2


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

プロフィール

free♪

Author:free♪
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。